令和5年11月のこみリハ教室


晩秋を思わす18日午後2時半、失語症の方とご家族が集うこみリハ教室を開催致しました。ご参加は失語症の方4名とご家族の方2名の計6名でした。


前半の近況報告は、お一人ずついつもよりゆっくりとお話しを伺うことができました。
お散歩を欠かさないKさんは、ご自分で書いてこられたメモの文をスムーズに読まれるようになっています。嬉しいい限りです。「リハビリは週に3階通っています。水戸黄門みてます。」とのことでした。

市外からご参加のTさんは、北大植物園に51年振りに行ってこられたお話や、芸術の森に行かれたことなどお話しくださいました。今日はこれから奥さんと待ち合わせて京都に行かれるとのこと、パワフルでいらっしゃいます。


Yさんは、昨年も行かれた樹芸センターにもみじを見に行かれたお話しでした。ボードに一生懸命何かを描かれていて、もみじがきれいだったかどうかではなく、昔、庭木の剪定を習いに行った場所であることをご説明したかったとわかりました。絵がすごい!そしてご家族の情報にも助けられて判明です。訴えが相手にわかりYさんも満足のご様子でした。


野球が好きなTさんは、バス旅行で行ったウポポイの感想やデイサービスでの文字を使った練習についてお話しくださいました。休憩時には柿の木の写真を皆さんにご披露くださいました。本来北海道では柿の木が珍しいのですが、「最近は増えてますね」「これも温暖化のせい?でしょうか」等々ご家族の方々と会話が弾みます。言葉はなかなか出なくてもスマホを上手にお使いでいらっしゃいます。

後半の失語症レクは都道府県別野菜生産ランキング当てゲームです。これまでの経験上、順位まで当てるのは大変難しいので、とにかく順位は関係なくベスト5の県を当てて頂きます。果物野菜カードの中から皆さんに1枚選んで頂きます。例題として、最初にじゃがいもで試してみましたが、皆さん5県選ぶのもなかなか難儀されているので3県に減らしてみました。


登場した作物は、たまねぎ、サツマイモでした。北海道は結構登場しますが、他の県を当てるのがなかなか難しいようでした。関東地方1県、九州地方が2県などヒントを提供します。予め皆さんにお配りした県名リストから選んでボードに写字、時に音読をお願いしたりします。
43県の中の3県ですから、やはりヒントは必要ですね。意外な作物が意外な県で採れていて、「へえ」「ほお」などと感心のお声も聞かれました。


皆さんめでたく引き分けで終了致しました。

失語症の方とご家族も参加できるこみリハ教室は、毎月第3土曜日午後2:30~4:30まで、
スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで開催しております。詳しくはいーたいむまでお問い合わせください。

令和5年10月のこみリハ教室


北海道もようやく秋が深まって参りました。10月の第3土曜日、こみリハ教室を無事開催することができました。失語症の方4名、ご家族3名の方がご参加下さいました。


前半の近況報告は失語症の方々にゆっくり近況などを発表して頂きます。失語症でスムーズに言葉で説明するのが難しいのですが、それでも様々な工夫を用いて色々なことを教えて下さいます。

山菜採りが趣味のAさん、今年は腰痛におそわれています、ようやく薬が効いてきた。山には行ってますと。きのこの季節ですが…キノコの名前が出なくて去年から謎の品種を引きずっております。なめこ、らくよう、しめじは出るのですけどね…。会場全員で考え中です。


Yさんは近代美術館に行ってきたお話しです。言葉で伝えられない分たくさんのパンフレットや資料をご持参くださいました。前回の土偶好きになった話から故郷にある古代文字が有名なフゴッペ洞窟のパンフを見せて頂き、興味のきっかけがわかりました。

最近お仲間に入ってくださったMさんも笑顔でご参加くださいました。何も言えませんといわれるものの、愛犬のお名前はしっかりお答えくださいます!奥様からの情報で、ご病気をされてから初めてお一人でコンビニに行ってサンドイッチを来客9人分買ってきてくださったそうです。感激のご様子でした。私たちも嬉しくなります。

散歩を続けるK子さんは、途中で見つけた赤い実の樹をスマホのカメラで撮影、ご披露くださいました。何だろう?と会場の皆でまた考え中です。
失語症の方々が集うとは、語ること、仲間の話に耳を傾けること、誰かに伝えたいことが生まれる場となります。

後半のゲームは【サイコロ計算ゲーム】です。
1~9の数字カードをサイコロの出た目と同じになるように裏返し、きれいに早くカードが無くなったチームが勝利です。どのカードを残すか捨てるか考えなくてはいけません。意外にこれが盛り上がるんです(^-^; 初めての方でもサイコロを振っていくうちにルールがわかって行きます。分かった頃終わってしまうのでまたやりましょうね。


ご家族も参加できる「こみリハ教室」は、毎月第3土曜日午後2時半から、スーパーアークス菊水店2Fのコミュニティルームで開催しています。詳しくはいーたいむにお問い合わせください。

令和5年9月のこみリハ教室


まだまだ暑さが残る9月の第3土曜日の午後2:30、今日もこみリハ教室にご参加の皆さんが集まって下さいました。9月のご参加者は失語症の方6名、ご家族の方などの4名と計10名でした。初参加の方もお一人いらっしゃいました。


近況報告では、エスコンフィールドに初めて行って野球観戦をしてきたお話しや、北海道博物館に縄文土器を見に行く予定であること、円山動物園の赤ちゃん象を観てきました!など今月も色々なお話をお聞きできました。

場所の名前がなかなか出てこなかったり、予め用意されたメモを読みながら発表される方、新聞記事をダイレクトに見せて示してくださる方、伝達方法もそれぞれに工夫が見られます。

「なんにもありません!」と言えるようになった方もいらっしゃいます。これは大変なことです。大丈夫です、進行役のSTが質問をさせて頂き答えて頂きました。初参加の方には自己紹介をして頂き、他の参加者の方々からの質問にもお答えいただきました。新旧ご参加の方に関わらず、皆さんとても和やかに貴重な情報交換の時間となりました。

休憩中もご持参頂いた検査結果や脳の画像を見せて下さったり、子象ちゃんの動画をご披露いただき自由なやりとりをされていらっしゃいました。

後半の失語症レクは「朝ご飯は何食べる?」ゲームです。


朝食メニューリストの中から、親になった方の朝ごはんに食べたいものを皆さんに当てて頂きます。各自、ホワイトボードにリストのメニュー名を3つ選んで書き写します。答えを全員書き終えましたら一人づつ選んだメニューを音読して頂きます。最後に親に答えを発表して頂き何個あっているか確認します。数ある中から選んで名前を書き移すのは簡単なようで、失語症の皆さんにとっては大変な時間を必要とします。

ここでは周りを気にせず、ゆっくりご自分のペースで書いて頂けます。書いたメニューを音読するのも良いトレーニングになります。人前で程よい緊張感を持ちながら読み上げられたときの達成感を感じて頂けるようにと思っています。間違っても気にせずにたくさんの笑顔の中、あっという間にお開きとなりました。




ご家族も参加できる失語症の為の「こみリハ教室」は、毎月第3土曜日の午後2:30から4:30まで、スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで開催しております。詳しくは、失語症サロンいーたいむにご連絡ください。