令和6年2月のこみリハ教室


冬の終わりが近づく気配を感じる2月の第3土曜日がやって参りました。スーパーアークス菊水店の2Fコミュニティルームにご参加の皆さんが集まりました。寒暖差が激しい昨今まだまだ寒い日がそして悪路が続いており、なかなかお見えになれない方もいらっしゃいますが、今月は7名の方のご参加を頂きました。


いつものように前半はこの1ヶ月の出来事をお話し頂きます。今月も色々な話題をご提供頂きました。
Nさんは、いつものようにメモ帳を広げて音読しながらお孫さんからもらったカニをカニ鍋にして食べて美味しかったですとのご感想でした。カニはお好きですか?に「うーん」となかなか明確なお返事が返ってこなかったのですが、ご主人が「 好きだよね」と助け船を出してくださいました。そこで皆さんにもカニが好きな人!ついでにウナギが好きな人!とお聞きするとほぼ全員手を挙げられましたが、ウナギは食べられない人がいらして「えー!」と声が上がりました。

Tさんは、近代美術館で国際芸術祭を楽しまれていらっしゃったそうです。撮影が許されているそうで、撮った画像を印刷してきて見せてくれました。脳の断面図?随分カラフルだなあと思いきや、「これ刺繍です」とのこと、ご自分の本物のCT画像もご持参くださって見比べさせて頂きました。色々な若いアーチストの作品が面白かったそうです。


美術好きのYさんはまだ行っておらず後で奥さんに行きたいと意思表示されていたようです。そのYさんは私たちの中では土鈴と缶バッチのコレクターで有名ですが、恒例の札幌雪祭りの記念缶バッチが今年も購入できたとの報告で現物もご持参くださいました。なかなか口頭で説明が難しいYさんは、新聞の雪祭り会場図を切り取ってきてバッチと一緒に広げて報告してくださいます。現在、缶バッチの数は、8723個です。ノートに書いた数字を指差しで教えて下さいます。着実に増えてます。



いつも元気にご参加くださるMさんは、なんにもないよと言いつつ愛犬の名前はしっかりお答えくださいます。足元が滑って危ないので今は日課のワンちゃんとのお散歩は我慢しているそうです。北海道の宿命とはいえ、春が待ち遠しいです。

後半は、失語症レクリエーションゲームです。今月も前回に引き続きビンゴゲームにしましたが、今回は各自にビンゴ用紙を作って頂きました。お題は「北海道の市の名前」です。先ずは皆さんで地名を出して頂きます。それを前のホワイトボードに書いていき、あとは皆さんに好きなもしくは書きやすい市名を16マスに埋めて頂きます。



それぞれに苦労されながらもなんとか皆さんご家族のお助けも借りて書き上げて下さいました。書き終わった時には何か運動をした後のようにふーと息を吐かれている方も。皆さんでジャンケンで順番を決めていざスタート!「リーチ!」「ビンゴ!」とあちこちで聞かれてあっという間にお開きの時間が参りました。

失語症の方とご家族もご参加頂ける「こみリハ教室」は、毎月第3土曜日午後2時半から4時半まで、
スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで開催しております。詳しくは失語症サロンいーたいむにお問い合わせください。

令和6年1月のこみリハ教室


恒例第3土曜日の1月20日の午後、真冬の開催ですが皆さん元気にお集まり下さいました。連日の大雪で道路も狭く、早めに出てきたら思いのほか早く着いてしまって待ちくたびれた方もいらっしゃいました。

今日のご参加は、失語症の方が5名、ご家族3名の合計8名の方々でした。
前半の近況報告です。お正月の前後のお話しや、おもちを何個食べたなどの質問にお答え頂きました。1日の地震や2日の飛行機事故の話から非常用の滑り台の降り方など皆さんと確認し合いました。


後半は、毎年1月の恒例『かるたビンゴ』です。
先ずはジャンケンで順番決めです。


いろはかるたを使って、ビンゴ方式に縦横ななめで列をつくれたら勝ちです。同じ文字が複数あったりするので2枚一度にめくることが出来たらラッキーです。


毎年なぜかYさんの場はなかなか当たりがなく後退気味なのですが、今年も例にもれず不思議になかなか文字のあたりが来ず冷や冷やでした。今年初めて参加のMさんが大当たりでいち早く「ビンゴ!」と言って頂きました。平仮名は特に失語症の皆さんには理解が難しくなりますが、発音はし易い方がいらっしゃいます。今年も仮名文字を使ったゲームを色々取り上げていきたいと思います。




最後は全員が札をすべて裏返しにして、読み札が揃っていることを確認して終了しました。

ご家族も参加できる失語症の「こみリハ教室」は、毎月第3土曜日午後2:30~4:30まで、スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで開催しております。
詳しくはいーたいむホームページの、お問い合わせフォームをご利用ください。

令和5年12月のこみリハ教室


吹雪の予報は出ているものの、曇天拡がる12月16日 午後2時半、今年最後のこみリハ教室を開催致しました。ご参加は失語症の方4名に、ご家族の方3名です。今日も近況報告からスタートです。


Tさんは先月教室が終わってから直接千歳空港へ行き空路関西旅行に行かれました。その時のことをこちらからお尋ねいたしました。奥様との待ち合わせ場所が地下鉄の『東札幌駅』と『新札幌駅』で間違ってしまったハプニングも無事解決し、京都和歌山を観光してお帰りなられました。最近新しい冬靴を購入されたとのことでした。

今年は特に道路が滑りやすいのですが、筆者も昨年靴の裏を張り替えたら予想よりもお高くグラスファイバーが入っているものだったと靴底を皆さんにお見せしました。今までと違って凸凹感がありませんが、滑らないのでした。冬の靴底進化しています!

Mさんは帯状疱疹で体調を崩しておりましたが、すっかり回復されていらっしゃいました。ご夫妻でジャズコンサートに出かけたお話しや温泉旅行に行かれたけども温泉に入れなかったお話などお聞きしました。

Kさんは、日課の散歩やリハビリを続けていること、足を大事にされていらっしゃいます。

Yさんは、恒例の年賀状作業に追われていることを描画でお知らせくださいました。先日、リニューアルした御用達のデパートの売り場で欲しいものがあったようですが、奥様にはわからずにいると一人で店員さんを呼び、品物の絵を見せてご案内頂けたとのことでした。家族以外の人に声をかけたり何かをたずねるのは勇気のいることです。また1!成功体験が増えて良かったです。


後半のレクは、『順番当て』です。
お題に沿って、何から食べる?どこから洗う?など親の示す順番を幾つ当てるかというゲームです。例えばお寿司の絵では、どのネタから食べるか順番を親に決めてもらいます。回答者の皆さんはそれぞれにネタの書かれた名詞カードを使って順番を予想しながら並べていきます。ルールの説明がややこしくなり、はじめは皆さん戸惑われたようでしたが、実際にやってみながら徐々に慣れて行き、概ね?ご理解頂けたようでした(^▽^;)。盛り上がってきたころで終わってしまうのが無念です、次回は時間配分に気をつけます!また記憶が覚めないうちに第2弾行いたいと思います。





ご家族も参加できる「こみリハ教室」は毎月第3土曜日、午後2:30~4:30、スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで開催しております。詳しくは、いーたいむまでご連絡をお待ちしております。