令和4年11月のこみリハ教室


第3土曜日の11月19日午後2:30、コロナの感染者が増加している中ではありますが、無事予定通り教室を開催することができました。失語症の方3名にご家族が2名と全体で5名のご参加を頂きました。
最近では、コロナ禍に皆さんにお会いできるのは本当に奇跡に近い気が致します。感慨深いです。

Aさんの「みんな5回目ワクチン打ったの?」といった問いかけから始まり、今回もフリートークが盛り上がりました!!!秋の予定のキノコ狩りも無事終わったとのことですが、今年はやっぱり思うような収穫にはならなかったようです。収穫では奥さんに負けたようです。悔しがっておりました。


Iさんのご主人が今日はお誕生日とのことでした。80歳には見えない若々しいご主人でいらっしゃいます。「生命保険がこの度切れて、息子に金が入らないぞと伝えました。」といつものジョークで皆さんを笑わせて下さいます。人生100年の時代ですね、80代はまだまだ活発に活動できるのです。うつのお話しやゴルフを続けるお話しなど話題は絶えません。失語症の奥様は、「今日は帰りにお寿司とケーキを買って帰ります。」とお教えくださいました。

Nさんは、先月末に行った平岡樹芸センターのパンフレットをファイルから外して見せてくれました。奥さんが説明を助けて下さいます。タイヤ交換に行った帰りに新聞に出ていたので行ってみました、とのことです。Nさんに「紅葉はきれいでしたか?」と質問すると首をひねっております。奥さん情報では、先に日本庭園を観てしまい、本尊のもみじにたどり着いたときは日没で薄暗くなっていました、見る順番を間違えました!とのことでした。来年もチャレンジですね。本当にきれいな紅葉のようです。


Aさんも来年チャレンジしたいと、「どうやって行くの?」と尋ねていらっしゃいました。桜並木やイチョウ並木も良いですが、もみじも見ごたえありそうですね。

後半の失語症レクは、2部構成となりました。
1部は、仮名文字ビンゴです。最近かな文字をよくゲームに用いております。


50音のかな文字から25マスのビンゴ用紙を埋めて頂きます。
かな文字は失語症の方には、漢字より理解が難しいと言われています。


五十音の半分といえどもこれを想起するのはエネルギーが必要です。
ご家族やスタッフのお手伝いもあり皆さん完成!ビンゴゲームスタートです。皆さんルールはバッチリなので、リーチをたくさん作ろうと集中です。「リーチ!」「ビンゴ!」の声で大いに盛り上がりました。

2部は、果物カードを使っての記銘力ゲームです。短時間でたくさんの果物を覚えて名前を思い出すのも失語症の皆さんにとっては大変なことなのです。
コロナに負けず、今月も皆さんのご参加に感謝です。

こみリハ教室は、毎月第3土曜日午後2:30から、スーパーアークス菊水店2Fで開催しております。詳しくは、いーたいむにお問い合わせください。

令和4年10月のこみリハ教室


10月としては暖かい日となった15日土曜日の午後、こみリハ教室を開催致しました。今月は、失語症の方
とご家族7名のご参加を頂きました。ボランティアのMさんもご一緒くださいました。
先ずは、皆さんお揃いになったところで、恒例の今月の情報を各自お話し頂きます。



先ずは2ヶ月ぶりにご参加のHさんです。

9月の初めに受診した歯科の出口で転んだお話しです。隣にいたご主人に思わずつかまったが、ご主人は支えきれずに一緒に転んだとのことでした。骨折などの大事にいたらず何よりでした。しばらくは部屋の中でも車椅子を使うことになったとのことでした。Hさんが力を込めてお伝えくださったのは、転倒した時に通りがかりの女性が助けて起こしてくれたことです。とても慣れていて大変助かったとのことでした。男性も通りかかったそうですが知らん顔だったとか。お助けする自信がなかったのかも知れませんね。大けがにならず本当に良かったです。

Yさんは、いつものように録画した映画を観た報告です。いつもはタイトルを書いたノートを見せてくれるのですが、今日は音読に挑戦して頂きました。頑張って2本のタイトルを口頭でお教え下さいました。更に何か伝えたいことがおありだったようで、続けて身振りが始まり絵を描いてくれました。エレベーターがわかり、お住まいのマンションでの事なのはわかったのですが、全てを理解できずすごく残念でした。またあらためて、個人レッスンの時に伺うことにさせて頂きました。ごめんなさい。また、Yさんは4回目のワクチンを打ってきましたと奥さんからお教え頂きましたが、Yさんは腕に大きなアザのように内出血が見られたとのことで、スマホに奥さんが撮影したものを見せてくれて一同驚きでした。ご本人も腕をめくってお見せくださったのですが、隠れて見えませんでした。でもスマホで奥さんが撮影してくれた画像を見て皆で驚きました。熱も若干あったそうですが、今日ご参加頂けるほど体調に変化がなく何よりでした。

Aさんも2か月ぶりでした。今年の秋の山菜キノコ採りの報告です。「今年は全然だめだね」とのこと。奥さんが職場の近くでたくさん採ってきたのを見せられ、悔しかったようです。

Kさんは、いつも通り足腰のために散歩を続けていて、なにやら赤い実を見つけたとのこと。名前がわからないとのことでした。そこでKさんのスマホが初めて登場しました。カメラを使えたらということで、ご主人がご準備下さいました。ご家族の理解と支えが本当に嬉しいですね。赤い実は、スズランの実と判明致しました。

後半の失語症レクは、最近おなじみになりつつある『仮名文字チップでの単語作り』です。
今年のこみリハでは恒例になりましたが、仮名文字のチップを使って単語作りを致します。
始めに不作為に選んだ文字を、皆さん五十音の中から集めて頂き、それらの文字を使ってできるだけ残さずに
使い切って言葉を作って頂きます。皆さんすっかり慣れた様子で、集中して取り組まれておりました。


五十音を並べるのも失語症の方は難しいことが多いのです。


家族の皆さんも、お手伝いのタイミングをはかります。
ご本人のできる気持ちを待つことが大切ですが、なかなかこれが難しい。


じっくり集中の時間です。



同じ文字でもそれぞれ想起できる言葉が違っていて面白いですね。
お互いの発表を皆さん興味深く聞いていらっしゃします。
そして自ら文字を読み発表するのも緊張の一瞬です。


今月もご参加頂きました皆さん、有難うございました。

失語症者と家族が集える「こみリハ教室」は、毎月第3土曜日午後2:30から、スーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームで、感染対策を行いながら開催しております。
詳しいお問い合わせは、失語症サロンいーたいむに、お電話もしくはメールでお問い合わせください。

令和4年9月のこみリハ教室


台風14号の動きが気になる9月17日土曜日の午後、雨に降られることなく予定通りこみリハ教室を開催致しました。失語症の方とご家族6名様のご参加を頂きました。
いつもの近況報告を始める前に、皆さんで少し体操と発声を行ってウォーミングアップです。


なかなかコロナの感染が減らない中、今月も皆さんお変わりなく集まれたことに感謝しつつ、恒例の近況報告です。
Yさんのところでは訪問リハがコロナでお休みになっているそうです。言語のリモートレッスンは頑張っていらっしゃいます。録画した映画は週に平均3本みているとのことです。

Kさんは、百合が原公園に行って、ダリアを観てきましたとお話しくださいました。色々な色の花があったそうです。定期で通院している脳外科病院が移転新築されました、初めて行ったときは駐車場が離れていてちょっと大変でした。

旅行好きのMさんは、今月は特になしとのこと。先月たくさんお話しくださった分、今月は特別なことがなかったとのことでした。少し前にスマホを持ったMさん、文字の打ち込みはちょっとまだ難しいですが、スタンプは使いこなされていらっしゃいます。

後半のレクは、ビンゴで防災グッズを絵又は文字で想起します。



時々ご家族にお手伝い頂きながら、じっくりゆっくり皆さん書き上げていらっしゃいました。
今回は16マスで行いましたが、色々なものがありました。これを機会におうちで確認したいですね。


こみリハ教室は、毎月第3土曜日午後2:30から、スーパーアークス菊水店2Fで開催しております。
お問い合わせは、いーたいむによろしくお願い致します。