令和4年7月のこみリハ教室


どんよりとした曇り空、今にも雨が降り出しそうなお天気の中、第3土曜日の16日の午後2時半から、こみリハ教室を開催致しました。失語症の方4名ご家族3名の合計7名の方のご参加を頂きました。コロナの感染拡大が急に増えてきて緊張感が増しておりますが、会場の消毒と換気を止めずに進行致しました。


前半は恒例の近況報告ですが、その前にコロナの現状や札幌でも始まった「失語症カフェ」について説明致しました。その後、近郊報告に移りました。

久しぶりにご参加のAさんは、ぎっくり腰をやってしまったようです。他のご家族に皆さんからも病院にかかることを勧められていました。皆さん意外にぎっくり腰の経験がおありで、色々なアドバイスや経験談がとびかっていました。

ウォーキングを習慣にしているKさんは、歩きながらあじさいが見られるようになったこと、恵庭で開催中のガーデンフェスタにお出かけされたことをお伝えくださいました。会場はとっても広くて一部を観て楽しんでこられたようです。

Yさんは、久しぶりにお孫さん家族とバーベキューを楽しんだとのこと、でもマスクしながら食べたそうです。このひと月で面白かった映画の紹介もして頂きました。

Hさんも久しぶりのドライブを西区の五天山公園まで行ってきたとのこと、テントがたくさん立っていて、人も多かったということです。短い北海道の夏です。外へ出かけるには絶好のシーズンですが、コロナが邪魔していることもあって、なかなかお出かけを勧めるのも難しいところです。

4回目のワクチンもどうしようかと迷っている方もおりましたが、皆さん接種を予定しています。重症化を防ぐことがこれからは重要になってきそうです。

後半のレクは、前回に続いて「親の心 子知らず」ゲームです。
順に各チームが親か子になりお題に合わせた言葉を想起します。親は子に当てられないように、子は親の答えを当てるためにお互い裏をかきながら言葉を選びます。前回、タイムオーバーで最後のチームまでたどりつけずに終わったので、今月も同じルールで取り組んで頂くことにしました。

今回のお題は、①北海道のお土産といえば ②味噌汁の具 ③文房具 ④ジャムになるもの でした。
それぞれのテーマごとに、かわりばんこに親となったり子になったりして言葉の想起に挑戦です。失語症の方々にとって言葉を想起するのは一番の難題です。ご家族やスタッフに援助して頂きながら、答えを絞り出していらっしゃいました。時に描画表現も活用されて、文房具などは懐かしいものもたくさん出て、今月も大いに盛り上がりました。


いーたいむのこみリハ教室は、毎月第3土曜日14:30~16:30 スーパーアークス菊水店2Fで開催しています。詳しくはいーたいむにお問い合わせください。

令和4年6月のこみリハ教室


6月18日第3土曜日の午後、いつものようにスーパーアークス菊水店2Fコミュニティルームでこみリハ教室を開催致しました。ご参加者は4組のご夫妻、8名様でした。


前半の近況報告は、2か月ぶりにご参加くださったMさんです。旅行の報告をして下さいました。4月に2度目の下関北九州へ。お目当てのふぐを召し上がり、巌流島や宗像大社、大宰府天満宮、熊本城まで足を延ばされたそうです。熊本城って、エレベーターがあるのですね、筆者も昔行っているのですが記憶になく…。日本のお城でエレベーターのあるお城の名がご家族の皆さんからどんどん出てきて驚きです。大阪城の他にもあるのですね。来週は、函館にイカ刺しを食べに行くそうです。いいですねえ。

Nさんは、5月に美術館で話題のフェルメールをご覧になっていらしたとの報告です。道立近代美術館で開催中の「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」はまもなく終了ですね。コレクターNさんは最近コレクションのリスト整理に余念がありません。週に7、8本観ていた録画映画の鑑賞も今は3本程度と指でお教えくださいました。

Hさんは、最近新しいスマホに変えて悪戦苦闘されている?!とのこと。ちょっと諦めも見えますが、息子さんから母の日のカーネーションがまだ咲いていると伝えたら写メで送ってと言われて「え、どうやって送る?」とお悩み中です。LINEは繋がっているのですが、片手でのスマホ操作はなかなか大変です。写メは失語症の方にとっては大変有効な手段ですので是非活用して頂きたいのですが、左手操作には工夫がかなり必要です。“長押し”とういう操作も慣れるのにひと苦労のようです。

Kさんは、6日に百合が原公園に行ってきたそうです。お花は少し物足りなかったようです、これからがいい季節でしょうか、是非またお出かけ頂きたいです。池にカモが3羽いたと、メモを読みながら一所懸命にお伝え下さいました。定期健診も問題なく、足腰を大事にしながらお散歩は運動がてら続けられるそうです。散歩中の民家のお庭の花もこれからが楽しみとのことでした。どんどん皆さんのフリートークが増えています。

後半のゲームは、「親の心子知らず」(言葉のゲーム集を参考)です。ご夫婦でチームとなってご参加頂きます。順に各チームが親と子になりお題に合わせた言葉を想起します。親は子に当てられないように、子は親の答えを当てるためにお互い裏をかきながら言葉を選びます。失語症の皆さんにとって言葉を想起するのは最も大変な練習ですが、今回は楽しく取り組んで頂けたように思います。親の答えが出ると一喜一憂です。
テーマは、「動物園にいる動物」「コンビニで売っているもの」「おにぎりの具と言えば」です。



皆さん、それぞれご家族にお助け頂きながら、言葉を絞り出していらっしゃいました。すごいです!
最初のルール説明ではピンとこない方も、実際にやってみると徐々に中身が理解できていきます。
失語症の方の状況判断力は素晴らしいです。


文字が出にくくても大丈夫です。絵とご家族が助けてくださいます。
4チームあるので本当は4つめも用意しておりましたが、残念ながら3チームで時間切れとなりました。また続きは近いうちに行うとお約束致します。グループでおこなうコミュニケーションレッスンはとても貴重と思うひと時でした。ご参加の皆様、今月も有難うございました。

失語症の方とご家族のためのこみリハ教室は、毎月第3土曜日午後2:30~、スーパーアークス菊水店2Fで開催しております。詳細はいーたいむにお問い合わせ下さい。

令和4年5月のこみリハ教室


緑深まる初夏を思わせる21日土曜日の午後、予定通りこみリハ教室を開催致しました。
ご参加者は失語症の4名様とご家族3名様の計7名様でした。
先ずは、フリートークの機会=近況報告です。

気候が良くなり、朝夕の散歩が始まった方は色とりどりの花の季節を楽しんでおられました。ライラックやつつじなど、メモに書いてこられた花の名前を読み上げて下さいます。疼痛の投薬治療を長くされてきた方は、麻痺の右手が開くようになったと、実際に手を動かして見せてくださいました。

Hさんは、今日が結婚記念日とのことで、来年はいよいよ金婚式だそうです!皆さんから感嘆のお声がありました。山菜採りがライフワークのYさんは、今の時期に採れる山菜を質問して名前を教えて頂きました。今年は全体に成長が遅いそうで、これからやっと育ってきたのが採れる頃だとか。気候変動やこの冬の大雪の影響があるのでしょうか?

後半は失語症の為のレクリエーションゲームです。
今月は伝達ゲームを行いました。いつもですと、ご家族にヒントとなるような質問をして頂いて、それに頷きや「はい-いいえ」でお答えいただくのですが、今日は少しハードルを上げて、ノーヒント。できるだけ失語症の皆さんで伝えることに挑戦して頂きました。

最初に失語症の皆さんにお題となる文字もしくは絵をお見せします。その間、回答者のご家族には下を向いて頂き答えを見ないように致します。決して具合が悪くて、うつ伏しているわけではありません(笑)。


家族の皆さんには、じっとお待ち頂いて、しばらく待っていると失語症の方々から声が上がってきました。

「玉のような…」「種が多い」ちょっとお手伝いして「色はどんな?」とお聞きすると「赤い」「クリームも」と続きます。言葉がなかなか出ないNさんは絵を描いて下さいました。答えはもう皆さんお分かりですね。


『長靴』の時は、「小樽にある」「外ではくもの」他に長靴そのものや傘の絵を描いてお伝え下さいます。
北海道で長靴と言えば、小樽に有名な会社があるので皆さんはよくわかっていらっしゃいます。


いつも誰かが助け舟を出してくれる環境にある失語症の方々にとってはじっと時間をかけて言葉を発する良い機会となったようです。今後も頻回にこのようなやりとりのゲームを取り入れていきたいと思います。

今日も和気あいあいとした雰囲気でした。ご参加の皆さま有難うございました。
引き続きコロナに負けないで、ソーシャルディスタンスで頑張りましょう。来月もお会いできますように。

失語症の方とご家族もご参加できるこみリハ教室は、毎月第3土曜日14:30~スーパーアークス菊水店2F コミュニティルームで開催しています。お問い合わせは、いーたいむによろしくお願い致します。