11月のこみリハ教室の報告


すっかり冬らしくなってきた11月16日土曜日の午後、いつものようにこみリハ教室を開催いたしました。ご参加の人数はご家族も含めて7名で、いつもより少し淋しかったですが、久しぶりにご参加の方もいらっしゃり近況報告会となりました。



「ついに降って来ましたね…」毎年のこの時期のセリフです。雪はつい厄介者扱いしてしまう筆者です(-_-;) 皆さんのお話は、久しぶりに映画を観に行ってみました/脳出血で倒れてから今月でちょうど8年目になりました/今年行ってきた山菜取りやダイエットのために野菜をたべてばかりいる(ご本人は草を食べていると言います)‥などなど様々な話題が飛び出します。たくさんの方で会話をするときの醍醐味です。

今月のゲームは、日本レクリエーション協会おすすめの「すきやきじゃんけん」です。
すき焼きに必要な材料カードをじゃんけんで勝って揃えて行くというゲームです。
二つのチームに分かれて対戦します。チームはそれぞれ家族という設定で、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん役を決めてもらい各自で対戦します。じゃんけんに勝つと、一枚カードを引けますが必ず欲しい材料が出るとは限らないのです。白滝ばっかり揃ったり、卵ばっかり揃ったりと案外必死になって肉を求めたりして盛り上がります。じゃんけんには不自由な右手で敢えて挑戦したりする場面もありました。



こみリハ教室は、毎月第3土曜日に開催しております。尚、次回12月は会場の都合で第2土曜日12月14日
の午後2時30分から開催します。詳しくはいーたいむにお問い合わせください。

こみリハ教室令和元年10月報告


令和元年10月19日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス菊水店、2階のコミュニティホールです。
お天気は雨の予報でしたが、前回お休みの皆さんもご参加くださり、いつものにぎやかさが戻って参りました。

前半はこのひと月出来事などお互いの情報交換の時間です。前回お休みだったご夫妻は、空路ご旅行を楽しまれていらしたとのことで、旅のご報告を頂きました。しっかり報告内容をメモされていらして万全です。が、お天気は?混んでましたか?車椅子は使ったの?等など質問に対応するのは大変ですが、生きた会話がそこにあるだと思います。しっかりとお答えくださっておりました。

ゲームは、こみリハ名物「はい・いいえ問答」です。
家族の皆さんと失語症の皆さんに分かれます。


お題の絵を失語症の皆さんに見てもらい、それが何か、家族の皆さんに質問の答えから連想し、当てていただきます。


ご家族「それは食べものですか?」 失語症者「はい、いやいいえ…」会場「え~どっち?」などと、大いに盛り上がります。失語症の皆さんは思わぬ質問に答えるためにじっくり聞かなくてはなりませんし、家族の皆さんは答えやすい質問内容を工夫しなくてはなりません。双方に緊張感が漂いますが、面白い質問や答えに笑い声も絶えませんでした。家族の皆さんの想像力をも鍛えられるゲームです。日頃の会話に少しでもお役に立てばうれしい限りです。

こみリハ教室は毎月1回第3土曜日に開催しています。お気軽にお問い合わせください。

こみリハ教室令和元年9月報告


令和元年9月21日土曜日午後2時30分、スーパーアークス菊水店2Fで、こみリハ教室を開催しました。今回は8名の方々にご参加頂きました。

8名様ということで、今回はテーブルを円陣スタイルにしてみました。


前半の皆さんの近況報告では、
先日皆さんで行ったバス旅行の感想が中心でした。「小樽の銀鱗荘でフルコース料理はやっぱり美味しかった」「久しぶりのボーリングが楽しかった」(気づけば皆さんボーリング世代!)「ニトリの美術館は通路が狭かった」などなど、色々な感想をお聞かせくださいました。



後半は記憶力ゲームです。提示された果物カードを
隠した後に何があったか思い出すゲームです。
皆さん8枚9枚までも覚えてお答えくださいます。
順番まで正確に覚えているかたもおります。
果物の名前を言うことも練習になります。

失語症の方では、把持力(情報をしばし保存しておく力)が弱くなる場合があります。聞いた内容の一部しか覚えていられなかったり、聞きこぼしもありがちです。最近は筆者も心当たりありますが…(これは加齢によるものかと…)ご家族の皆さんも一緒に取り組んでくださいました。

こみリハ教室は毎月1回第3土曜日に開催しています。お気軽にお問い合わせください。