平成31年3月のこみリハ教室の様子


平成31年3月16日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。

前半は、近況報告会。今月は、2月末のいーたいむ企画のハワイ旅行に参加していただいた方々もおり、その話でまずは盛り上がりました。ハワイ旅行、行く前は何かと不安がありましたが、無事に出発、帰還することが出来、皆様楽しんでいただけたご様子です。様々な感想をいただきました。その中でも、「現地の方は何も言わずに手を貸してくれる。とても助かった。」、「障害者に対する意識が日本と違うと感じた。」との感想が印象的でした。ハワイのゆったりとした雰囲気がそうさせるのでしょうか…。

また、街中にも杖や車椅子を使って一人で行動されている障がい者の方も数多く見られ、公共のバスや施設のバリアフリーもとても整備されていると感じました。また、大阪旅行を楽しんでいらした方からは、伊勢神宮で砂利道専用の車椅子を借りることが出来て便利だったとの情報を頂きました。皆さん砂利道専用車椅子に興味津々でした。

映画を見に行った方は、アカデミー賞受賞作品の「グリーンブック」をご覧になったとのことです。見に行ったという事象は何とか説明できても感じたことなどを詳しく説明することは、失語症の皆さんにとっては一際難しいことです。が、この時間はご家族に助けて頂いたりしながら様々な方法で伝える場面でもあります。ですから進行役の金浜もしつこくしつこくお聞きしてしまうのですよね。


後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。今回は、2つのサイコロと数字のカードを使ったゲーム。出たサイコロの目の合計数を、手もとの数字カードから選び、効率よく捨てて行き、一番早く数字カードがなくなったチームが勝ちというゲームです。数字カードは1~9までの9枚。2人チームでサイコロを転がします。サイコロの出た目をみて、頭の中で計算をして、カードを選びます。


例えば、サイコロの目が、「6」と「4」が出た場合。
足して「10」になりますので、カードの捨て方は「1と9」又は、「2と8」、「3と7」、「4と6」の4通りが考えられます。残ったカードに合わせて、頭の中で計算をして捨てるカードを考えます。

そして盛り上がるのは後半です。
残ったカードをいかにサイコロの振りで射止めるか。一回一回、落胆、歓喜の声が上がります。ちなみに。このように大きな数を残してしまうと、出てほしい目が限定されやすくなるため、カードを捨てるのが難しくなってきます。


今回はなかなかカードを全て捨てられるチームが出ず、残ったカードの数字を足して一番小さい数のチームを勝ちとしました。サイコロを振る手にも、ついつい力が入って行く皆さんでした。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成31年2月のこみリハ教室の様子


平成31年2月16日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半は、近況報告会。今月もお出かけのお話など盛りだくさんでした。

沖縄へご旅行に行かれたと言う方もいらっしゃいました。普段は杖を使って歩行されている方ですが、現地で電動の車椅子を借りて、快適な旅だったご様子。日常生活では車椅子を使っていなくても、旅行となるとあれこれ見て回りたくなるものですから、歩く距離が長くなると辛くなってきます。事前に車椅子のことも準備しておくことが大切ですね。

また、沖縄には親切な方が多いと言う話も出ました。昨年いーたいむ企画で沖縄に旅行して参りましたが、その時にも感じたことです。普段と違う景色、人、食べ物などに出会える旅。やはり刺激になりますね。


後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は、夕方の某地元テレビ番組でお馴染の「奥さんお絵描きですよ」風の絵の推測ゲームです。
当事者にお題をお伝えし、お題を表す絵を描いていただきます。わかった方が答えるという形で行いました。


ひとつ問題をご紹介します。
こちらは何でしょうか?


ペンケースにも見えるという意見が出ましたが、正解は…
「お財布」です。
そして、お財布の絵を、他の当事者、ご家族にも描いていただきました。
絵を描く事って実は、描く機会が普段ない場合は結構難しいものです。
お財布ですと、下の絵のように「がまぐち」で表現するのも伝わりやすいかと思います。


なるだけ簡単な絵で、伝わりやすく表現することも練習、トレーニングが必要と言えます。
失語症の方にとって、「絵」は言葉を引き寄せる大切な手段となりますので、普段のコミュニケーションの中に、可能であれば、絵を取り入れていただくことをオススメいたします。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成31年1月のこみリハ教室の様子


平成30年1月19日(土)の午後、今年最初のこみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半は、近況報告会。今月は1月ならでは、年末年始の話しが多く聞かれました。



最近、前に出て絵でエピソードを伝えてくださるNさん。
彼の絵を見て、皆で何を伝えたい絵なのか考えます。別の当事者の方が前へ出て、絵の「この部分は何なのか?」と、ジェスチャーで問いかけたりと、とても刺激になっております。言葉が出づらくても、絵で伝わるようになってくると、ご本人の自信にもつながります。今回は、ご家族、ご親類との新年会の様子を伝えてくださいました。また、別の話としては、映画の話題も出ました。今時期は、「ボヘミアン・ラプソディ」、「こんな夜更けにバナナかよ」が人気のようで、どちらも観に行ったという方がいらっしゃいました。

後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
1月は恒例の「かるたビンゴ」です。普通のカルタとは違うルールです。2人チーム制で、チーム毎にランダムに配られた25枚のカルタを並べます。同じ絵が複数の場合もあります。


順番に札を引いて音読して頂きます。その絵が自分のところにあれば裏返しにします。複数枚あると一度に複数枚裏返しにできるのでラッキーです。縦、横、斜め、いずれかそろえばビンゴというルールです。
通常のカルタですと見つけるのが早い人が勝ちますが、このようなビンゴ形式にすることで、失語症の重さに関係なく、誰もがゆっくり絵札を探し、勝てるチャンスがあります。


今回は、皆様だいたい同じくらい裏返すことが出来ながらも、勝敗がなかなかつかないという展開。
皆さんゲームとはいえ集中力が徐々にアップし盛り上がりました。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。