令和元年5月のこみリハ教室の様子


令和元年5月18日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。

場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半の近況報告では、ゴールデンウィークのお出かけの話題や、山菜取りの話しなど盛りだくさんでした。道外の旅行やドライブ、市内観光スポットに行かれたりと、活動的です。
そして、実際に出かけた先のチラシを見せてくださる方もいました。



このように、言葉で説明が難しい場合は、行った先のチラシやパンフレットを入手してくるのがオススメです。それを使って周りの方に伝えると、具体的なイメージが湧きやすく、よりスムーズなコミュニケーションにつながります。使える物は、どんどん取り入れて行きましょう。

後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は推測ゲームです。
失語症当事者とご家族に分かれて、まずは、ご本人達がお題の絵を確認します。それが何かを当てるために、ご家族が様々な質問をしてお題の絵が何なのかを、推測していきます。質問のルールは「はい・いいえ」で答えられるものにすることです。ご本人達にとっては聞くトレーニングになり、ご家族にとっては聞きたい事をよりスムーズに聞き出すための練習にもなるゲームです。


ポイントは大枠から質問をしていくことです。
左のご家族から出た質問をご覧ください。
大枠の「動物?」が「はい」となりました。
「大きいか?」には「…はい」と、答える前に少し間がありました。このような即答ではない返答は推測するうえで重要となってきます。
この後、「動物園にいる?」には「はい」、「農家にいる?」には「いいえ」、「北海道にはいる?」には「いいえ」となりました。ご家族からは、「ぞう、きりん、かめ、いのしし」との推測が聞かれましたが、不正解でした。あてずっぽや思い込みで質問するとどんどん答えが遠のきます。

正解はこちら、北海道にいない動物で、動物園にいて、大きさが微妙な動物。
猿でした!


このゲームは、失語症の症状が重くても軽くても、ご家族も、皆様が参加できます。またお題を変えて定期的に行っていく予定です。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成31年4月のこみリハ教室の様子


平成31年4月20日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半の近況報告では、新元号決定の話題に始まり、ゴールデンウィークの過ごし方話等盛りだくさんでした。
そして日常の話題。失語症の人は自分の体調を表現するのが難しいです。


 



絵を使うのが一つの方法ですが、ある方は最近、身体の痛みが強く出ているようで、絵の線等を濃く絵描き、調子の悪さをより表現されているということでした。絵で伝えるということも、慣れていくと、このように進化するこがあります。やはり日々の積み重ねが大切ですね。それにしても痛みの辛さが伝わってきますね。(-_-;)

後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は、仮名チップで単語作りゲームです。



チームに分かれて行います。濁点と「を」を含まない仮名文字チップ45枚を使って、お題の単語を作ります。今回は金浜と同じ単語を作っていると、その1単語につき1ポイントになるというルールで行ってみました。
最初は、2文字の果物、3文字の動物、4文字の野菜をそれぞれ一つずつ作るというお題で行いました。一度使った文字は使えません。
皆様もお考えください。なかなか難しいものです。

あるチームが作った単語です。



そして、金浜が作った単語は、「なし、きりん、はくさい」でした。ので、まずはこのチームは2ポイントとなりました。



一度使った文字は使えなくなるため、作った単語をもう一度バラしたり、試行錯誤している様子も見られました。チーム内で相談、悩みながら作っていくことで、そこにコミュニケーションが生まれます。
こちらはお題を変えて、今後また行っていきたいと思います。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成31年3月のこみリハ教室の様子


平成31年3月16日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。

前半は、近況報告会。今月は、2月末のいーたいむ企画のハワイ旅行に参加していただいた方々もおり、その話でまずは盛り上がりました。ハワイ旅行、行く前は何かと不安がありましたが、無事に出発、帰還することが出来、皆様楽しんでいただけたご様子です。様々な感想をいただきました。その中でも、「現地の方は何も言わずに手を貸してくれる。とても助かった。」、「障害者に対する意識が日本と違うと感じた。」との感想が印象的でした。ハワイのゆったりとした雰囲気がそうさせるのでしょうか…。

また、街中にも杖や車椅子を使って一人で行動されている障がい者の方も数多く見られ、公共のバスや施設のバリアフリーもとても整備されていると感じました。また、大阪旅行を楽しんでいらした方からは、伊勢神宮で砂利道専用の車椅子を借りることが出来て便利だったとの情報を頂きました。皆さん砂利道専用車椅子に興味津々でした。

映画を見に行った方は、アカデミー賞受賞作品の「グリーンブック」をご覧になったとのことです。見に行ったという事象は何とか説明できても感じたことなどを詳しく説明することは、失語症の皆さんにとっては一際難しいことです。が、この時間はご家族に助けて頂いたりしながら様々な方法で伝える場面でもあります。ですから進行役の金浜もしつこくしつこくお聞きしてしまうのですよね。


後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。今回は、2つのサイコロと数字のカードを使ったゲーム。出たサイコロの目の合計数を、手もとの数字カードから選び、効率よく捨てて行き、一番早く数字カードがなくなったチームが勝ちというゲームです。数字カードは1~9までの9枚。2人チームでサイコロを転がします。サイコロの出た目をみて、頭の中で計算をして、カードを選びます。


例えば、サイコロの目が、「6」と「4」が出た場合。
足して「10」になりますので、カードの捨て方は「1と9」又は、「2と8」、「3と7」、「4と6」の4通りが考えられます。残ったカードに合わせて、頭の中で計算をして捨てるカードを考えます。

そして盛り上がるのは後半です。
残ったカードをいかにサイコロの振りで射止めるか。一回一回、落胆、歓喜の声が上がります。ちなみに。このように大きな数を残してしまうと、出てほしい目が限定されやすくなるため、カードを捨てるのが難しくなってきます。


今回はなかなかカードを全て捨てられるチームが出ず、残ったカードの数字を足して一番小さい数のチームを勝ちとしました。サイコロを振る手にも、ついつい力が入って行く皆さんでした。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。