平成30年6月のこみリハ教室の様子


平成30年6月16日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。

場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半は、恒例の近況報告会。家庭菜園の苗植えをした話、誕生日の話、同窓会に行った話、デイサービスに通い始めるという話等々盛りだくさんでした。その他、日常のコミュニケーションの話題でも盛り上がりました。なかなか言葉の出づらいA氏は、ご自身の欲しい物、買いたい物を絵で書いて奥様に伝えていると言うことで、その絵を実際に皆様に見せてくださいました。このような日常のコミュニケーションのとり方の情報交換はご家族にとっても当事者のご本人達にとっても良い刺激になります。


後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は2つのサイコロと数字のカードを使ったゲーム。出たサイコロの目の合計数を、手もとの数字カードから選び効率よく捨てて行き、一番早く数字カードがなくなったチームが勝ちというゲームです。数字カードは1~9までの9枚。2人チームでサイコロを転がします。
サイコロの出た目をみて、頭の中で計算をして、カードを選びます。



後半になり捨てられるカードが減っていくと、数字を選ぶのが難しくなっていきます。

例えば、このような場合です。
サイコロの目は、「6」と「5」。手持ちのカードは「6」はありますが、「5」がありません。ぱっと出た目で「6」を選んだB氏。


その後、考えを切り替えまして、
「2」と「9」を選ぶことが出来ました。


このように、失語症の方には数字、計算が難しくなる症状がよく見られます。日頃、あまり数字に触れる機会を持たないようにしている方や、家族に頼っている方も多いのでは?
今回のゲームは、失語症の皆さんが中心になって数字や計算に挑戦する機会となりました。


このゲームが最高に盛り上がるのは、最後に残ったカードをいかにサイコロの振りで射止めるかです。
なかなか丁度よい数が出なかったり、偶然にバッチリ出たり、サイコロを転がす手に力が入ります。そのたびに思わず歓声があがり、案外人気の高いゲームなのです。
たくさんのどよめきや落胆の声が上がり、最後は「やっと出た―!」とガッツポーズで勝敗がつきました。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成30年5月のこみリハ教室の様子


平成30年5月19日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半は、恒例の近況報告会。ご夫婦で青森に行ってきたという旅行話に始まり、お孫さんの話、お花見してきた話、ニューオープンのお店でかつての部下の方々に再会したという話等々、今月も盛りだくさんでした。



後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は、「3択すごろく」です。
今回は2名で1チームを作り行いました。3択の問題に1人正解したら1マス進む、2人共正解の場合は3マス進めるというルールです。



問題をご紹介します。

ビタミンCが一番多いのはどれでしょうか?



答えは…



レモンかと思いきや、「いちご」でした!


選択肢があるので、当事者の方も答えやすいように思います。

中には、当事者の方が正解し、ご家族が間違えるという問題もあったりして…盛り上がりました(^^)

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

平成30年4月のこみリハ教室の様子


平成30年4月21日(土)の午後、こみリハ教室を開催いたしました。場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。

今月は、いーたいむ企画で沖縄旅行を開催してまいりましたので、そのご報告と、ご参加くださった方の感想をお聞きしました。一番良かった場所は意外にも一番苦労した玉泉洞(鍾乳洞)とのことでした!入ってすぐの100段以上もある長い階段を最大限のがんばりで降りたA氏でしたが、それゆえに思いはひとしおだったのかもです。まさに、旅は最高のリハビリでした。旅行の話は皆さんの刺激にもなりますね。

他の皆さんからも映画を見に行った話、最近は早朝から散歩をしていると言う話等、今月も盛りだくさんでした。


後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
今回は、夕方の某地元テレビ番組でお馴染の「奥さんお絵描きですよ」風の推測ゲームです。当事者にお題を表す絵を描いていただき、わかった方が答えるという形で行いました。


ひとつ問題をご紹介します。
こちらは何でしょうか?


正解者が出なかったので、もうひと方に助っ人をお願いしました。


なにか人が口に運んでいますね。食べ物だということがわかりました。
そして形に注目すると…
いかがでしょうか?

正解は「ぎょうざ」でした!

「言葉」にこだわってしまうことも多くありますが、「絵」は言葉を引き寄せる手段となります。
失語症の方との普段のコミュニケーションの中に、可能であれば絵を取り入れていただくことは大変オススメです。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。