平成31年1月のこみリハ教室の様子


平成30年1月19日(土)の午後、今年最初のこみリハ教室を開催いたしました。
場所はスーパーアークス 菊水店、2階のコミュニティホールです。
前半は、近況報告会。今月は1月ならでは、年末年始の話しが多く聞かれました。



最近、前に出て絵でエピソードを伝えてくださるNさん。
彼の絵を見て、皆で何を伝えたい絵なのか考えます。別の当事者の方が前へ出て、絵の「この部分は何なのか?」と、ジェスチャーで問いかけたりと、とても刺激になっております。言葉が出づらくても、絵で伝わるようになってくると、ご本人の自信にもつながります。今回は、ご家族、ご親類との新年会の様子を伝えてくださいました。また、別の話としては、映画の話題も出ました。今時期は、「ボヘミアン・ラプソディ」、「こんな夜更けにバナナかよ」が人気のようで、どちらも観に行ったという方がいらっしゃいました。

後半は、レクレーションを通してコミュニケーションを楽しみます。
1月は恒例の「かるたビンゴ」です。普通のカルタとは違うルールです。2人チーム制で、チーム毎にランダムに配られた25枚のカルタを並べます。同じ絵が複数の場合もあります。


順番に札を引いて音読して頂きます。その絵が自分のところにあれば裏返しにします。複数枚あると一度に複数枚裏返しにできるのでラッキーです。縦、横、斜め、いずれかそろえばビンゴというルールです。
通常のカルタですと見つけるのが早い人が勝ちますが、このようなビンゴ形式にすることで、失語症の重さに関係なく、誰もがゆっくり絵札を探し、勝てるチャンスがあります。


今回は、皆様だいたい同じくらい裏返すことが出来ながらも、勝敗がなかなかつかないという展開。
皆さんゲームとはいえ集中力が徐々にアップし盛り上がりました。

こみリハ教室は毎月1回、第3土曜日に開催しています。
お気軽にお問い合わせください。